魅力のリフォーム

あまり知られていないエクステリアの重要性

エクステリアリフォームが密かに注目されています。もともと、住宅のエクステリアリフォームについてはあまり重要性が語られてきませんでした。住宅を建設する場合でもリフォームをする場合でも大事なのはインテリアだという考えの人は多く、お金をかけるのであればインテリアを重点的に行うという考えが一般的でした。 しかしながら、エクステリアもインテリアと同じぐらいに重要だと考えられるようになってきたのです。 例えば、住宅の門から玄関までの距離を一つとってもその住宅の見た目を大きく左右するのです。距離が短いと狭い家に感じますし、距離が長いと広い家に感じます。住宅に訪問する人にとって、その住宅の印象が決まるのは部屋に入ってからではなく、エクステリアを見た時にすでに印象が出来上がっているのです。

建物との調和とまわりの景観との調和も大事

このように考えると、エクステリアリフォームの重要性も見えてきます。 エクステリアリフォームを考える場合には部分的に考えるのではなく、住宅全体から見た場合と、その住宅の回りの景観から見た場合の両方から見ていく必要があります。例えば、自己の住宅がシンプルな住宅であれば、できるだけエクステリアも白を基調とした明るめであっさりとした色がいいのです。これに対してモダン住宅の場合は、現代風にタイルなどを多用してもいいかもしれません。 これに対して周りの景観ですが、そこまで気にしなくても周りの住宅から苦情を言われるような問題に発展することはないのが普通ですが、落ち着いた街並みであれば落ち着いたデザインや配色のエクステリアにするのがいいでしょう。